事業体制と事業概要 シラバス

京都大学医学部附属病院
実践的医療経営プロフェッショナル教育プログラム
(KUMAHOPE)
平成30年度 受講生募集要項
本事業は文部科学省平成29年度大学教育再生戦略推進費
「課題解決型高度医療人材育成プログラム」の助成を受けたものです。

プログラムの目的及び概要

人口構造の変化や医療提供体制に係る制度の見直しなど病院経営を取り巻く環境は大きく変化しています。そのような中で地域に求められる安全で質の高い医療を提供し続けるためには、安定した経営の下、病院全体にとって最適となる資源配分の調整が不可欠です。

そこで、京都大学医学部附属病院が中心となり病院経営について横断的な知識と経験を習得するため、安全管理論や経営組織論などに関するe-Learning教育とケース学習を中心に現実の課題を解決する経験を学ぶ実践的教育に関するプログラムを開発・提供することを目的に本プログラムを実施します。

受講により得た知識等をもとに現場でさらなる経験を積むことで、俯瞰的な病院経営の視点を育て、診療現場や企画部門の最前線で活躍したのち、将来的に病院経営の中心的な役割を果たす人材の育成を目指します。

応募資格

医師、看護師・薬剤師等のメディカルスタッフ、病院事務職員のうち、応募時点において医療機関で原則3年以上の
実務経験を持つもの

病院経営に今後関与する予定の若手を優先的に対象とします。

募集人数

6名程度

カリキュラム

本プログラムは、e-Learning教育(60時間)とオンラインによるグループ学習およびケース学習による実践教育(60時間)から構成されます。

e-Learning教育を半年間で受講していただき、その後、実践教育を行います。

e-Learning教育科目

病院経営を取り巻く環境について

  • 医事法・医療政策_基礎コースID A-1
  • 医事法・医療政策_応用コースID A-2

経営分析のための情報ハンドリング

  • 情報科学基礎コースID B-1
  • PM基礎(情報科学応用)コースID B-2

経営分析を行うための手法

  • データ分析/因果推論基礎コースID C-1
  • データ分析応用(DPC)コースID C-2
  • 会計意思決定コースID C-3

クオリティマネジメントスキル

  • 個人情報保護・倫理コースID D-1
  • 医療の質コースID D-2
  • 危機管理・高信頼性組織コースID D-3

対内的/対外的折衝のスキル

  • リーダーシップコースID E-1
  • マーケティング(地域連携)コースID E-2

修了要件:上記カリキュラムについて受講期間内にすべて履修すること。修了者には履修証明書を発行いたします。

受講期間

2018年10月1日~2019年9月30日

京都大学医学部附属病院内を予定

受講料

なし(次期以降の募集については今後の運営状況により見直しを行います)

応募方法等

1.応募方法

応募書類に必要事項を記載の上、郵送にて申請してください。
必ず書留郵便とし、封筒の表面に朱書で「申請書」と記載してください。
なお、京都大学医学部附属病院の職員の方は院内便でも受け付けます。

2.応募書類

①~③の書式をダウンロードしてご作成ください。

①志望動機書 病院経営に対するあなたの考え方・意見を含め、本事業を志望する理由を400字以上800字以内で記載してください PDF Word
②履歴書 医療機関での実務経験、医療資格等を把握するために提出いただきます PDF Word
③所属長の承諾書および推薦書 京都大学医学部附属病院の職員を除きます PDF Word

3.応募期間

2018年9月3日(月)~2018年9月10日(月)(必着)

4.応募書類送付先

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学医学部附属病院 先端医療機器開発・臨床研究センター 305室
総合臨床教育・研修センター KUMAHOPE事務局 担当者宛

選考方法

応募書類の先着順に書類選考を行います。必要に応じて面接選考を行う場合があります。
採択された方に、9月14日(金)までに、メールにてその後の手続きをご連絡します。

ドメイン「kuhp.kyoto-u.ac.jp」のメールを受信できるよう設定してください。 合否についてメール・電話等でのお問い合わせには応じることができません。

問合せ先

応募及び事業内容に関する問合せはメールにてご連絡をお願いします。

KUMAHOPE事務局 担当者宛メール : kumahope@kuhp.kyoto-u.ac.jp

その他

1.個人情報の取扱い

申込にあたりお知らせいただいた氏名、住所等の個人情報については本事業の運営に係る業務(受講生の選考、履修管理、プログラムに関する情報提供等)を行うためのみに使用し、それ以外の目的には使用いたしません。

2.注意事項

  • 電子媒体のコンテンツの複製(画面のキャプチャを含む)、録音、二次利用、公開等に類する行為を禁止します。
  • 講義の録音、実習風景の撮影も禁止します。
  • 受講生として知りえた秘密をもらすことは禁止します。
トップページに戻る